船橋の税理士による創業支援コラム

無料個別相談の探し方

東京での起業を選ばず、地元の船橋で事業を始めようとする場合、個別相談などのサポートをどこで受ければよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。 ここでは、船場で起業を考えている方向けに、相談先を探す際のポイントや専門家、特に税理士へ相談するメリットなどについて紹介しています。 船橋で起業についての相談先を探す際のポイント 起業について相談できる窓口を探す際には、以下のようなポイントを参考に
続きを読む >>

千葉で使える支援制度をご紹介

これから新しくビジネスを始めようとする人の中でも、特に女性を応援する目的で設けられている支援制度があるのをご存じでしょうか。 ここでは、千葉で企業を考えている女性が利用できる支援制度について解説しています。 地域で女性の起業を支援する理由は? 千葉に限らず、女性の起業を応援しようとする自治体は多いものです。なぜ女性の起業を支援する制度があるのでしょうか。 女性の活躍を応援して働く人を増
続きを読む >>

会社設立時の助成金

開業や会社設立をしようとする際に、地域で助成金を受けることはできるのでしょうか。ここでは、千葉県内で利用できる助成金の概要について解説しています。 会社設立時に利用できる助成金とは そもそも、会社設立や開業時に利用できる助成金とは、どのようなものなのでしょうか。 新しいビジネスを応援する目的で設置された補助金制度 会社設立時に受けられる助成金とは、県や市が新しいビジネスを応援する目的で
続きを読む >>

高額特定資産と調整対象固定資産の判定単位について

[相談]  消費税における高額特定資産と調整対象固定資産の対象となるかの判定単位について、教えてください。共有名義の場合の取扱いもお願いします。   [回答]  調整対象固定資産は、棚卸資産以外の資産で一定のもののうち、当該資産に係る課税仕入れに係る支払対価の額の108分の100に相当する金額、当該資産に係る特定課税仕入れに係る支払対価の額又は保税地域から引き取られる当該資産の課
続きを読む >>

被相続人が独居で相続人が賃貸暮らしの場合の小規模宅地等の特例

[相談]  平成29年1月に母が亡くなり、母が住んでいた家と土地を相続し、私はそこに引っ越すことにしました。母は亡くなるまで一人暮らしで、父は既に他界しています。私はずっと独身で、近所の賃貸マンションで一人暮らしをしていました。この場合、「特定居住用宅地等」として小規模宅地等の特例の適用を受けることができますか?   [回答]  特定居住用宅地等に該当し、小規模宅地等の特例の対象
続きを読む >>

空き家敷地の譲渡所得の特例 1億円要件は?

[相談]  相続後に空き家の敷地等を譲渡した場合の特別控除の要件の一つに、「譲渡価額が1億円以下であること」、とあります。 例えば、相続により相続人甲氏と乙氏がその敷地等を二人の共有名義(持分2分の1ずつ)として取得し、その後、その敷地が1億2千万円で譲渡された場合は、適用できますか? 甲氏と乙氏のそれぞれの譲渡価額6千万円で判定するのでしょうか?   [回答]  要件である「譲
続きを読む >>

消費税の任意の中間申告の届出期限等は?

[相談]  中間申告をしなくてよい事業者であっても、任意に年1回の中間申告をする旨の届出書を所轄税務署長に提出した場合には、中間申告及び納付をすることができるとのことですが、その適用開始時期、届出の期限を教えてください。 また、一度届出をした場合、翌年以降も中間申告が必要となりますか?   [回答] ○適用開始時期 任意の中間申告制度は個人事業者の場合には平成27年分から、また、
続きを読む >>

セルフメディケーション税制/適用要件

[相談]  スイッチOTC医薬品に係る医療費控除の特例の適用を受けるための要件である、“健康の保持増進及び疾病の予防への取組”とは、具体的にどのような取組を指すのでしょうか?   [回答]  スイッチOTC医薬品に係る医療費控除の特例(以下、セルフメディケーション税制)の適用を受ける者は、「健康の保持増進及び疾病の予防への取組として政令で定める取組を行っている」ことが要件とされて
続きを読む >>

海外赴任後に賞与支給、確定申告できますか

[相談]  海外の現地法人へ赴任した従業員へ賞与を支給します。 源泉所得税はどうやって計算しますか。 この賞与はこの者が日本で確定申告をすることで、所得税の還付は受けられますか?   [回答]  海外勤務期間の予定が1年以上で海外勤務している個人は、所得税法上の非居住者になります。 非居住者の所得のうち国内源泉所得に対しては、日本の所得税及び復興特別所得税(以下、所得税等)が課さ
続きを読む >>

事業の一部廃業の届出

[相談]  個人事業で、サービス業と建設業を行っていますが、今年3月に建設業を廃業しました。廃業届は必要ですか?   [回答]  納税地を所轄する税務署長宛に「個人事業の開業・廃業等届出書」の提出が必要になります。   [解説]  居住者又は非居住者は、国内において新たに不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業を開始し、又は当該事業に係る事務所、事業所その他
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!

新着情報

ページ上部へ戻る